加齢

加齢

加齢と共に、私たちの身体には様々な問題が出てきます。女性でしたらその一つに「お肌」の悩みは、切りたくても切れない悩みでもありますよね。

 

シミ・シワ・くすみ・たるみ。毛穴の開きなど、多くの悩みが出てくるのです。今現在「私は大丈夫」だと思っている、10代・20代の女性もいると思いますが、若い時にきちんと手入れ・対策をしておかないと、後々には大変な事になっていくのです。

 

お肌に良いと言われているコラーゲンですが、20歳をピークに年々体内のコラーゲンは減少して行きます。40代になればピーク時の半分になり、60代になれば40代の半分にまで減少して行くのです。他にもヒアルロン酸なども年々減少して行き、シワやたるみの原因にもなっていきます。特に怖いのが「シミ」です。

 

10代・20代の頃に、きちんとシミ対策をしておかないと、30代になったころから小さいシミ・そばかすが増え始めて、40代になるとそのシミはどんどん大きくなっていきます。

 

40代に出来るシミは「老人性色素斑」と言い、今まで隠れていたシミが表面に出てきたりもするのです。加齢と共にお肌の潤い成分を補給し、きちんとした対策をとることが「美白」「美肌」の基本ではありますが、一番の対策は10代・20代の頃にすることが一番の対策なのです。

 

まだまだ若いと安心していると、歳をとってから大変な事になりますよ。


このページの先頭へ戻る