ホルモンの崩れ

ホルモンの崩れ

お肌の状態が周期的に悪くなる事があります。これはホルモンバランスが崩れることによって起こるのです。よく生理前に「肌がくすむ」「シミが目立ってきた」「ニキビができる」などの声を多く耳にします。

 

これは生理前・妊娠中・更年期などは、女性ホルモンのバランスが崩れやすく、そしてお肌の状態も悪くするのです。特に生理不順の方はホルモンのバランスを大きく崩しますので、通常の人よりも注意をしましょう。ではどのようにして、ホルモンバランスを崩れないようにしたら良いのでしょう。

 

まずは食事で「大豆イソフラボン」を補給することをお勧めします。「大豆イソフラボン」は、女性ホルモン「エストロゲン」に似た効能があります。ですから「大豆イソフラボン」を多く含む食品を食べるようにしましょう。

 

代表的なのが「納豆」「豆腐」「きなこ」などが、「大豆イソフラボン」を多く含有していますので、生理前や妊娠中に食べると良いでしょう。「大豆イソフラボン」の1日の摂取量ですが、納豆1パック・豆腐1/2丁で十分な量を摂取できます。

 

そしてもう一つは「ローヤルゼリー」です。「ローヤルゼリー」は更年期の症状や疲れに良いと言われています。サプリメントなどで補給してあげると良いですね。このようにホルモンが崩れると、私たちのお肌は悪化するのです。必要成分を十分に摂って、いつもキレイなお肌でいることを心がけてくださいね。


このページの先頭へ戻る